やさしいC++ 第 4 版の評価!初心者が基礎部を築くのに最適!

やさしいC++第4版の評価!初心者が基礎部を築くのに最適!

私が初心者にお薦めする書籍は、SBクリエイティブから発行されている「やさしいC++」です。

 

詳細はこちら

 

この本を手に取った当時の私は5年程C言語を扱ってはいましたが、C++についてはまったく未経験でした。

 

ですが会社に新しい人が入ってくるごとにC++をメインで使用している人が増え、開発にC++を選択することが増えました。ありきたりに言えば会社の方針の変更であり、そしえ時代の流れでした。(この後にアプリ開発でUnityが導入され、年を取ってからC#も学ぶことになりました。)

 

C++を学ぶ必要性が出たにもかかわらず、二の足を踏んでいました。なぜなら私がC言語を学んだ時は役に立つ本と巡り合うことができず、大変苦労した経験があったからです。

 

そんな時に仕事仲間から薦められたのがこの1冊です。この本でC++を学んだ後に他の本も幾つか読みましたが、C++を学び始める人には私もこれを薦めます。絵や図をふんだんに用いて読む人が視覚的にも理解しやすいようにしている点、多くのコードが載っておりプログラムを打ちながら経験としてそれらを学べるようにしてある点、そしてC++の基礎的部分がやさしい説明文と共に詳しく丁寧に書かれている点、これら1つだけなら他の本でも要件を満たしているのは幾つもあります。ですがこの本にはこれらすべてが詰まっていました。

 

さてこの本を手に入れて私はどのように学んだかというと、1日1Lesson(この本での章)という風に区切って勉強しました。だいたい1Lessonが30?50ページぐらいあり、ページが多い時や時間がない時には1Lessonを2日に分けたりもしましたが、学習期間は20日ぐらいで終わりました。ここで1つこの本を用いた学習方法についてですが、私は唯読むだけの行為はお勧めしません。

 

この本には例となるコードがふんだんに記載されており、それらを本の進行に合わせてうつだけでもより理解を深めることができるからです。もちろん私もそうしました。そうした学習方法でも1日あたりにかかる時間は3時間程度で済みます。

 

この本で学習し、この本は初心者がC++の基礎部を築くのに最適なものであると感じました。またC言語で失敗した私は書籍1つでこうも違うものかと驚きもしました。
最後にこの本で築かれたC++の基礎部は中級・上級のテクニックを学んでいく際にもすごく役立ちました。この学習によってしっかりとC++の根本的なことを理解していたからです。もしC++をこれから学ぼうという人はこの本を手に取ってください、お薦めします。

 

 

関連ページ

入門python3オライリーの評価!AI・データサイエンスの基礎にも!
「入門 Python 3」は、世界中で愛用されているオライリー社の書籍の一つであり、基礎からデータベースなどを活用した応用部分まで詳しく書かれています。
プロの力が身につくAndroidプログラミングの教科書のレビュー
私が一番オススメするAndroid開発者向けのプログラミング本は、「プロの力が身につくAndroidプログラミングの教科書」です。