Swiftのスクールランキング5選

Swiftのスクールランキング5選

Swift,スクール

Appleの新言語として登場したSwiftですが、急速に学習する人が増えています。ただ、情報もまだ少ないので、挫折してしまう人も多いのが現状です。そこで、現役プログラマーの私が、独自の人脈の口コミからスクールのランキングを作成しました。

 

Swift,スクール

テックアカデミーの特徴

通学ではなくオンラインで完結できるスクールです。必ずパーソナルメンターがつき、入門からオリジナルアプリの作成までサポートしてくれます。

1人のメンターがずっと担当してくれるので、学習者のレベルや状況を判ってくれるので適切なアドバイスが期待できます。

基本はオリジナル教材による自習スタイルで、Slackというチャットアプリで質問がし放題で、毎週2回テレビ電話ツールでのメンタリングをしてくれます。

GithubやFirebaseなどの実際の開発で使われるツールも使い、実践的なスキルが身につきます。

価格 社会人: 129,000円〜
学生: 79,000円〜
評価 評価5
教室 オンライン
テックアカデミーの総評

安定して高い評価なのがテックアカデミーです。

毎回違う講師だと、状況を毎回説明しないといけませんが、パーソナルメンターの場合はこちらの状況をわかってくれているのが人気の秘密です。

また、実践的な開発の流れが身に付くのと、オリジナルアプリ作成までサポートしてくれるため応用力がつくカリキュラムになっています。

Swift,スクール

コードキャンプの特徴

オンラインのマンツーマンコースのスクールです。ハングアウト(テレビ電話のようなシステム)を使って、一人の講師をその時間独占でき、なんでも質問しほうだいです。

実際に自分がコードを書いているところを見てもらい、適切な指摘をもらうことができます。価格も通常のスクールに比べるとずっと安くなっています。

テキストはオリジナルではなく、市販の参考書になります。

アプリマスターコースなので、SwiftだけではなくAndroidも学べるのが特徴です。

価格 148,000円〜
評価 評価4.5
教室 オンライン
コードキャンプの総評

テックアカデミーの講師が「メンター」なら、コードキャンプの講師は「家庭教師」という感じです。

レッスンの時間内で学習が完結できるように進めてくれます。(ただ実際はある程度自習しないと習得は難しいです)

実際に講師とテレビ電話ツールでやりとりできる時間はテックアカデミーより長めですが、毎回同じ講師というわけではありません。

テックアカデミーのオリジナルカリキュラムのような現場の実践的なノウハウは無いですが、使用される市販の参考書は非常に良いものです。

Swift,スクール

Rainbow Appsの特徴

8割の受講生が初心者からというスマートフォンに特化しているスクールです。

内容もかなり実践的で、デザインからクラウド連携、マネタイズまで含まれています。

時間は毎週土曜日の午後の時間を使い、約一ヶ月かけて講義を行います。

価格 社会人: 99,800円
学生: 49,800円
49,800円(オンラインのみ)
評価 評価4
教室 新宿校・大阪校
Rainbow Appsの総評

アプリのスクールでは老舗で、内容も実践的で魅力的です。

土曜日の午後を使える方にはいいかもしれません。

ただ、内容は幅広いので一ヶ月で消化するにはかなりの自習時間が必要になります。

Swift,スクール

WINスクールの特徴

全国の便利な駅前などにあるWINスクールです。 カリキュラムはとてもシンプルになっていて、Swiftでの基本的なiOSアプリの開発の仕方を学べます。 ただ、他のプログラミング言語の知識が前提となっているので、全くのプログラミング初心者の方向けではりません。

価格 96,000円(税抜)
入学金:18,000円(税抜)
教材費:4,000円(税抜)
評価 評価4
教室 全国58教室
WINスクールの総評

基本的にオリジナルテキストでの自習スタイルですが、実際の教室で学習でき、講師に質問できるのが魅力です。 自宅だとやる気が出ない!という方にはちょうどいいかもしれません。

Swift,スクール

Progateの特徴

Eラーニングでプログラミングを学べるサービスです。無料でも使用できますが、有料版であれば、チャットでプロに質問し放題です。他のスクールに比べて格安で使えるのが魅力です。カリキュラムも非常に効率よく学べるようにできています。 ただ、Swift言語のみのカリキュラムで、アプリ開発までは対応していません。

価格 プレミアム会員月額2,980円
評価 評価3.5
教室 オンライン
Progateの総評

まずは気軽に月額課金で初めてみたいかたにはちょうどいいサービスになっています。

 

もしちょっと料金が高いなー、と思うかたは参考書などで一度学習してみてもいいかもしれません。良書をまとめました。

 

SwiftのiOSアプリ開発の入門教材7選!ハマらず独学できる!

 

とはいえ、全くの初心者の方であれば、スクールで学んだほうが何倍も速く習得できるのは間違いないです。

 

もしなかなか決められないのであれば、評価も高いテックアカデミーが次のようなキャンペーンをやっているので、試してみるのもいいかもしれません。

 

ただ、いきなり申し込む前に、あなたの学習の仕方に合うかどうか、無料体験でチェックしてみるのがオススメです。


秋分の日プレゼントキャンペーン


テックアカデミーでは、2018年9月24日までに8週間以上のコースを申し込むと、お申込みのコースとは別に「はじめてのプログラミングコース」がプレゼントされます。


早割りキャンペーンで8%OFF


テックアカデミーでは10月22日以降の受講を2018年9月24日までに申し込むと、受講料が8%OFFになります。
(その他キャンペーンとの併用は不可)


私のときはこんなキャンペーンはありませんでした(泣)。今申し込むかたがうらやましいです。


とはいえ、ここまで太っ腹なキャンペーンは今回限りのはずなので、迷っている方は早めに検討したほうがいいかもしれません。

 

テックアカデミーキャンペーンはこちら

 

ただ、オンラインでの学習が初めてというかたは、いきなり申し込むのではなく、まず無料体験で合うかどうか確認したほうがいいかもしれません。

そもそも、オンラインでの学習が根本的に合わないかたもなかにはいらっしゃるので。

1週間のHTML/CSSの簡単なカリキュラムですが、学習の進め方は本コースと全く同じで、質問し放題でメンタリングも受けられます。

テックアカデミー無料体験はこちら


管理人が無料体験を受けた感想を次の記事に書きました。
テックアカデミーの無料体験コースってどんな感じ?


無料体験を受講する時間もない方は、無料説明会動画を見てみるといいと思います。レッスンの進め方やメンタリングの様子が動画でわかります。

説明会動画を無料視聴する